Japanese: Survivor Services Program

サバイバー・サービスプログラム

DVRPでは、アジア及び太平洋諸島地域で使用されている20種類以上の言語でのサービスを、ドメスティック・バイオレンス(DV)や性暴力被害者を対象に、秘密厳守かつ無料で提供していますDVRPは、収入、移民ステータス、英語能力の有無かかわらず、DVや性暴力の被害者の健康と安全を確保することを趣旨としています。

ヘルプライン(秘密厳守)(202) 833-2233アドボケート(被害者をサポートするスタッフ)が、月曜日〜木曜日の午前9時から午後6時半、金曜日の午前9時から午後6時までご相談に応じます。専門トレーニングを受けたスタッフやアドボケートが、アジア及び太平洋諸島地域で使われている20種類以上の言語で対応しています。(日本語、ヒンデゥー語、中国語、ベトナム語、タイ語、タガログ語等を含む)。お手伝いする内容は主に、心のサポート、法律相談等への紹介、安全確保のプラン作り、危機的状況での緊急援助、そして一時的な避難場所の確保等です。

上記時間外でのお問い合わせの場合、又は留守番電話に繋がった場合は、メッセージをお残しいただければ、アドボケートが折り返しご連絡いたします。(お名前、使用言語こちらから掛けても安全な電話番号と時間帯、メッセージ内容としてお残し下さい。

ケースマネージメント:スタッフとアドボケトが、種々の情報や援助団体を通して、シェルター、緊急交通手段の確保、通訳/翻訳、公的援助の申請、裁判所への付き添い、心理的なサポート、危険な状況回避の為の緊急援助、経済的および医療分野での援助、そして法律サービス等の紹介(接近禁止命令の申請、家族法(離婚/親権問題)、及び移民法等に関するものなどのサービスを受けるためのお手伝いをします。このケースマネージメントのサービスは短期、長期にかかわらず無料で受ける事が出来ます。

対応可能言語:DVRPのアドボケトが現在対応可能な言語は、アラビア語、インドネシア語、ベンガル語、カンボジア語、ヒンドゥー語、日本語、韓国語、ラオス語、中国語(標準語、上海語、広東語)、モンゴル語、パンパンゴ語、パンジャブ語、シンハラ語、タガログ語、タイ語、ウルドゥー語、ベトナム語です。

サバイバーの自立を助けるサポートグループ:DVRPでは、生活を立て直す為のスキルの習得や、就職のための準備、又は経済的な知識を増し、自立を促進するための講習会等も開いています。参加希望者は、fiona@dvrp.org までメールにてお問い合わせください。

ドメスティック・バイオレンスについて、もう少し知りたい場合は2分間のビデオをご覧ください

もし今現在、非常に危険な状況におかれていて緊急に助けが必要な場合は、24時間対応しているナショナル・ドメスティック・バイオレンス・ホットライン 1-800-799-SAFE (7233)電話されるか、http://www.thehotline.orgをご覧ください